胃がんの手術ってどんな種類がある?

胃がんの手術ってどんな種類がある?

胃がんの手術の種類は、大きく分けて三つの種類ありますね。

・幽門側胃切除術
・胃全摘術
・腹腔鏡(手術の手技そのものを指す場合もあるでしょう)補助下胃切除術

幽門側胃切除術は、胃の下の部分を3分の2から4分の3ほど切除して、胃の一部分は保存する手術方法になります。

がんが転移している可能性があるリンパ節も切除し、残った胃と十二指腸とを繋ぎ合わせます。

胃は小さくなってしまうのですが、術前と同じように、胃袋から十二指腸へと順に通って食べ物が消化されることに変わりはないのです。

胃がんの手術の中では、現在のところ普通の術式と言われているものです。

胃全摘術は、その名通り、胃袋全体を摘出するという方法です。

がんが広範囲に及んでいる場合は、この方法を取ります。

胃は全部切除して、小腸と食道をつなぎ合わせ、十二指腸を小腸に繋ぎます。

腹腔鏡(「ふくくうきょう」と読み、4孔式と単孔式があります)補助下胃切除術は、早期のがんで小さい場合にこの方法が取られます。

内視鏡を使っておこなわれる手術ですから、傷口が小さい範囲で済み、術後の回復が良いです。

切開手術と同じように、全摘出もできますけど、内視鏡の高度な技術を持った医師が執刀しなくてはなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加