お試しウォーターサーバーって簡単に解約できる?

お試しウォーターサーバーって簡単に解約できる?

生理痛を抑える食べ物って?

生理痛(非常に個人差があり、ほとんど感じない人もいれね、日常生活を送ることすらままならない人もいます)を抑制する食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。お腹に入れね同じというわけにはいかないでしょう)って、どのようなものがあるのでしょう?

・DHA(魚に含まれていることで有名ですが、魚だけで必要量を摂取するのは難しいかもしれません)、EPAを含有した食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)
・マグネシウム(人間の体に必要不可欠なミネラルの一種です)を含む食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)
・ビタミンB6(免疫力を高めたり、つわりを軽減するなどの効果があるようです)を含んだ食べ物

これらの栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)を含有した食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)をたべると、生理痛を抑えることが出来ます。

まず、DHA、EPAを含む食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。お腹に入れね同じというわけにはいかないでしょう)についてですが、DHA(ドコサヘキサエン酸の略称で、頭が良くなると一時はブームになりました)やEPAにはプロスタグランジンの分泌を抑制する効果があったになっているでしょう。

生理中、プロスタグランジンといった生理活性物質が生成されるのですが、このプロスタグランジンは子宮を収縮させます。

プロスタグランジンが過剰に生成されると、子宮の収縮が強まり、生理痛(婦人病が原因となっていることもあるでしょう)が起こってしまいますね。

なので、DHA(ドコサヘキサエン酸の略称で、頭が良くなると一時はブームになりました)、EPAが含まれた食べ物を摂取してプロスタグランジンの生成を抑えると、生理痛(月経時に感じる痛みのことです)を抑えることができるでしょう。

DHA(魚に含まれていることで有名ですが、魚だけで必要量を摂取するのは難しいかもしれません)、EPAを含有した食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)は、まぐろやさば、かつお、いわしなんかの青魚です。

続いて、マグネシウム(過?に摂り過ぎると下痢になってしまうこともあるでしょう)を含む食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。お腹に入れね同じというわけにはいかないでしょう)とは言え、マグネシウムには子宮の収縮を緩める作用があるので、生理痛(非常に個人差があり、ほとんど感じない人もいれね、日常生活を送ることすらままならない人もいます)を抑える事ができるでしょう。

先ほども言ったように、子宮が収縮する事により生理痛(婦人病が原因となっていることもあるでしょう)が起きてしまいますね。

そのため、子宮の収縮を緩めると、自然と生理痛(非常に個人差があり、ほとんど感じない人もいれね、日常生活を送ることすらままならない人もいます)も緩和されます。

マグネシウム(過?に摂り過ぎると下痢になってしまうこともあるでしょう)を含む食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)は、アーモンド(アジア西部が原産だといわれているバラ科の落葉高木で、和名は扁桃や巴旦杏などです)や大豆、ひじきなどですね。

お終いに、ビタミンB6(免疫力を高めたり、つわりを軽減するなどの効果があるようです)が含まれている食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)ですが、こちらもマグネシウム(人間の体に必要不可欠なミネラルの一種です)と同じく、子宮の収縮を緩める作用があるのでしょうか。

また、ビタミンB6(水に溶けやすいので、調理方法によっては含有量が減ってしまうこともあるでしょう)には、生理痛(婦人病が原因となっていることもあるでしょう)を緩和させる作用があるなんです。

ビタミンB6(タンパク質や脂質の分解をサポートすると考えられており、豚肉や牛肉などにたくさん含まれています)が含まれている食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)は、まぐろ、ピスタチオ、バジリコ、大蒜などです。

生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)がひどい人は、これらの食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。お腹に入れね同じというわけにはいかないでしょう)を積極的に摂取なさってください。

ウォーターサーバーをお試ししても、思ったよりも使う機会がないかもしれませんよね。

その場合、気軽に解約することはできるのでしょうか?

結論からいうと、基本的には気軽に解約することはできません。

ほとんどのウォーターサーバー会社は、六ヵ月や1年といったような最低限契約日数を設けていることでしょうね。

そして、その期間内で解約する場合には、違約金が発生するようになっているのです。

違約金はウォーターサーバー会社によって異なりますが、一般的に5千円から1万円くらいだと思ってください。

また、これに返送料が加算される場合もあるのです。

このように、大抵のウォーターサーバー業者には最低限契約日数と違約金がありますから、安易に契約してしまうのは危険だと表現しても良いんです。

ただし、中には、最低限契約日数や違約金を設けておらず、いつ解約しても問題ないところも存在します。

もし、解約する可能性がありますからあれば、違約金が発生しないところか、最低限契約日数が短くて違約金が少ないところを選んだ方がいいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加