赤面症に効くツボがある?

赤面症に効くツボがある?

赤面症に効くツボとして一番よく知られたツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)に、労宮(ろうきゅう)があります。

労宮は手のひらに存在しているツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)で、このツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)を刺激する事により、精神を安定させる効果があるとされており、ツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)の場所も比較的見つけやすいと言われているものです。

労宮のツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)を見つけるには、指を曲げてみて下さいね。

中指の先あたりに、へこんだところをみつけられると言われていますね。

労宮は強く指圧するのではなく、優しくのんびりと指圧することによって、安心感をもたらす事が出来るツボでもあるんです。

緊張して動悸(心疾患や肺疾患、感染症、精神疾患といった疾患の他、脱水症状などが原因でも起こります)が早まった場合などにも効果が見込めるとなるんです。

人前でもあまり目立たずに、気軽に指圧することができるのも魅力でしょう。

また、手首に存在している神門(しんもん)と呼ばれるツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)にも、赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を緩和させてくれる効果があります。

神門は手首を握るようにして押す事が出来るので、より自ずと目立たずに押せるですね。

赤面症(あがり症の症状の一種で、その名の通り、人前で顔が赤くなってしまいます)の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を感じた時のみならず、普段からこれらのツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を指圧して体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)改善を目指にして下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加