老化は足からやってくる?

老化は足からやってくる?

「老化は足から始まる」なんてよく言われます。

それは、足が「第二の心臓」と表現される事もあるくらい、ヒトの体に取って重要な機能をサポートしている部位だからなんです。

足の筋肉は、血液の循環をサポートしている為、人の健康に重要な関わりを持っているんです。

心臓から離れている足ですが、ちゃんと足の筋肉が付いていると血液の循環が良くなり、下半身の血行不良に悩まされる事はないでしょう。

足の血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)や浮腫みに悩む人には、足の筋肉が落ちている人が多いみたいです。

以上のように、足の筋肉が落ちて、血液の循環の手助けができないような状態になれね、心臓の方に負担が大きいようになるでしょう。

血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)は、健康の具合を非常に悪化させます。

このようなことから、老化は足から始まると言われているのでしょう。

無理のない運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)を継続することによって、足の筋肉を落とさないようにするというのは、全身の健康の為にも大切になってきます。

あまり関係ないと考えておく方もいるみたいですが、運動を行って足の筋肉を付けたり、足の筋肉を減らさないと言う事は、健康維持と老化防止にとてもいいことだといえるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加