蓄膿症に効くとされる薬って?

蓄膿症に効くとされる薬って?

蓄膿症(時には、周囲にもわかるほどの悪臭を発することもあるでしょう)に効果のあるとされている薬を紹介していきます。

1.クラリスロマイシン
2.チクナイン
3.葛根湯加川弓辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

この三つが蓄膿症(場合によっては、死に至るケースもあるのだとか)に効くとされている代表的な薬です。

まず、1のクラリスロマイシンには、細菌の増殖を抑える効果が期待できます。

それに、高い殺菌作用がありますから、炎症(炎症の症状として考えられるものに、熱感、腫脹、疼痛、発赤があり、炎症の四徴候と呼ねれています)を抑える事も可能になります。

また、細菌が作り出すバイオフィルムを破壊する作用があるため、蓄膿症(時には、周囲にもわかるほどの悪臭を発することもあるでしょう)にはすごく有効な薬だと考えられています。

次に、2のチクナインですが、これは小林製薬から売られている一般に売られている薬です。

チクナインを服用すると、蓄膿症(副鼻腔にたまった鼻水が膿になることで様々な悪影響を及ぼします)や副鼻腔炎、慢性鼻炎を改善する事ができます。

それから、膿を抑制することができるので、呼吸が楽に出来るようになるのです。

お終いに、3の葛根湯加川弓辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)は、漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)なのです。

葛根湯(「葛根湯医者」という落語の枕話もあるくらい、日本人がよく利用している漢方薬です)加川弓辛夷は、風邪に効く葛根湯(日本人にとって、おそらく最も馴染み深い漢方薬の処方ですね)、鎮痛作用のある川弓、鼻炎に効果がある辛夷の3種類の漢方が配合されている処方です。

あまり薬は飲みたくないという人には、この漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)の葛根湯(桂枝、芍薬、生姜、大棗、甘草、葛根、麻黄で構成されています。寒気を感じる、頭痛がする、体の節々が痛いといったタイプの風邪には効果がありますが、発熱があってのどが痛いようなタイプの風邪には適さないでしょう)加川弓辛夷がおすすめです。

蓄膿症(時には、周囲にもわかるほどの悪臭を発することもあるでしょう)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が出たら、すぐに病院に行き診察してもらうのが一番です。

もし、忙しくて時間がとれないのであれば、薬局で薬剤師さんに相談するようにするのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加