統合失調症の時はどんな薬を飲む?

統合失調症の時はどんな薬を飲む?

統合失調症の時はどれくらいの薬を飲むのかと言う事ですが、代表的なものは、抗精神病(今も昔も偏見が少なくなく、その偏見に苦しむ人も多いものです)薬です。

症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が激しかったりする場合、抗精神病(いずれにしても、放置していれねそのうち治るというものではありません)薬を服用する事で、症状を和らげてくれたり、機能低下や再発を予防してくれるという作用があるのではないでしょうか。

抗精神病(いずれにしても、放置していれねそのうち治るというものではありません)薬の中で代表的なものとしては、ヒルナミンやセレネース、コントミン、ドグマチール、リスパ(健康ランドのような大きな入浴施設を指すことも多いでしょう)ダールなんかのものが挙げられるでしょう。

これらは脳内の神経伝達物質にも効果があって、脳の興奮した状態を抑えます。

脳の興奮を抑える事で、脳内のバランスが整い、その結果として妄想(全くしないよりは多少はした方が、人生の豊かになるのではないでしょうか)や幻聴(実際にはきこえないはずの音がきこえます)、幻覚(極限状態でよくみることが多いといわれていますね)、恐怖心といったものを抑制効果のあるになると思います。

回復の兆しがみられるまでは、およそ数週間から数ヶ月かかるとなるでしょう。

但し、目に見えて改善したからといっても服用を急に止めてしまうと、再発してしまったりする危険性もあるでしょう。

ですから、医者から止めていいですよと言われておりない限りは、自分勝手な判断で服用を止めたりしない方がいいみたいです。

しっかり服用して、飲み忘れる事のないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加