裁判離婚とは?

裁判離婚とは?

裁判離婚について、ご説明します。

裁判離婚とは、いくら話し合っても離婚にいたらない場合に、夫婦どちらか片方が離婚(一度成立した婚姻を解消することです)の訴えを起こして、裁判の判決によって離婚をすることをいうのです。

離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)をする夫婦は、大抵は協議離婚(一度成立した婚姻を解消することです)か調停離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)をします。

協議離婚で上手くいかなかった場合に、調停離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)をするのですが、それでも上手にいかなかった場合には、裁判離婚(一度成立した婚姻を解消することです)をするのです。

いままでうまく離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)に至らなくても、裁判離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)になってしまった場合、必ず決着をつけることができます。

ただし、裁判離婚をするためには、法的な原因がなければ、離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)の訴えを起こすことは出来ないのです。

例えば、不倫、ドメスティックバイオレンス、夫婦間の協力拒否などです。

そして、裁判離婚は、調停離婚とは畭なって、費用が結構かかってしまってます。

裁判ところに対しての費用と弁護士に対しての費用、合計で100万円くらいかかってしまいますね。

財産分与の申し立てなどを行うケースは、その請求金額により、また別に費用が掛かってきます。

裁判に勝ったとしても、弁護士費用は自己負担となってしまいます。

そういったことを考えたら、ある程度の貯蓄がなかったら、裁判離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)は難しくなります。

裁判離婚は、先ほど言ったとおり、必ず決着はつきますが、2年ほどかかります。

なので、裁判離婚は、金銭的にも精神的にも辛いものなんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加