名古屋で有名な花火大会って?

名古屋で有名な花火大会って?

1946年に、戦後の復興祭と名古屋港の発展を祈念して始まった、50年以上の伝統を誇る名古屋みなと祭のフィナーレ(似たような言葉に、ファイナルがありますが、こちらの方がより広い意味で使われているようです)を飾る伝統ある花火大会が「名古屋みなと祭花火大会」です。
この花火大会は1948年に始まり、今では名古屋市の夏の風物詩(夏といえね、西瓜や花火、風鈴、団扇などがあげられます)としてすっかり定着してしまっていると言っても過言ではないですよね。
名古屋港ガーデンふ頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。
神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)一帯から打ち上げられますが、来場者は毎年30万人以上だといえると思います。
会場付近では携帯(本体価格は意外と高いものですよね)電話の回線がパンク状態となる混雑ぶりですので、はぐれないようにくれぐれも気をつけて下さい。
この花火大会で一番の人気が高いのが、フィナーレを飾るメロディ花火。
会場のあらゆる箇場所に設置されているスピーカーから音楽が流され、その音楽とシンクロするように花火が打ち上げられて、幻想的な雰囲気を体験することができます。
花火の打ち上げ数は、メモリアル花火やスターマイン(組み合わせによるバリエーションも豊富ですが、いずれにしても観客の目を惹きつける迫力があります)、メロディ花火等をあわせて約3000発です。
一尺玉や、大迫力の大玉花火連続打ち上げも見逃せないですねね。
名古屋市中村区中村公園内でおこなわれる中村公園夏まつりの締めくくりには、「中村公園夏まつり納涼花火鑑賞会」が行われいるみたいです。
この花火鑑賞会は、花火大会とは言ってもないかにい小規模で、花火の打ち上げ数も少ないです。
でも、公園内の池で打ち上げられる為に、迫力ある花火を間近で見る事が出来ると、密かに人気(どうして人々の支持を集めているのかはっきりとはわからないこともあるものです)を呼んでいます。
乱玉、ナイアガラ等の花火も楽しめるでしょうよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加