五十肩を改善する体操のやり方のコツって?

五十肩を改善する体操のやり方のコツって?

その年齢によって、四十肩・五十肩などといわれますが、実は三十台でも発症することのある五十肩は痛みを伴い、大変辛いものです。
一般的には、ある程度の期間は動かさないようにとの指導を受けます。
でも、痛みがおさまるまでには人によって何ヶ月から何年と長期間に亘って続くこともあり、いつまでも動かさずにいたら筋力も落ちてしまうはずです。
ですので、痛みの激しい時にはやってはいけないのですが、少し痛みが落ち着いてきたら、痛みの緩和とわずかでも腕の動かせる範囲を広げるために簡単な体操(最近では、マルモ体操が人気を集めています。
芦田愛菜ちゃん、かわいいですよね)を行うようにすると良いかもしれません。
けして無理をしないで、しかし、毎日継続することが重要なのです。
できる限り、筋肉や関節の動きやすい入浴後などに行うのが効果的と呼ねれています。
簡単な体操としては、肘を上げて手首を脇につけ、肘で円を描く様な運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)を行います。
前に回したり、後ろに回したりを痛くない範囲で、できるだけ大きく回すのがコツです。
回数は少なくてもいいので、毎日気がついた時に何回か行うとよいでしょう。
また、腕を垂らした状態で、肩の上げ下げの運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)もしてみましょう。
肩を上げた状態で数秒間キープして、肩をおとす動作を数回行います。
これも痛みが強くない日には出来る限り毎日行い、出来れば一日に何回か行うと良いですね。
痛みが改善してくれば、もう少しハードな体操(日本で一番有名なのはラジオ体操でしょう。
真剣に毎日やると健康の維持に役立つそうですよ)もあるでしょうから、YouTubeなどで五十肩改善のためのエクササイズ(色々なやり方がブームになっては消えていきますが、楽しんで継続できることが一番ですね)動画を検索してみるのもよいかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加