オサートは円錐角膜の治療もできる?

オサートは円錐角膜の治療もできる?

円錐角膜とは、角膜が前方へ円錐状に突出する眼の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)で、角膜の歪みが原因で視力が低下しているのです。
もともと、視力矯正を行うコンタクトレンズ(視力補正用以外にも、治療用のものや検査用のもの、ファッション用のものもあります)を夜に使用して視力回復の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を行うオルソケラトロジーは、円錐角膜の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)中に開発されたとなるのです。
それは、個人の角膜の形状に応じたレンズを装着する事により、角膜を平坦化し、屈折率を改善し視力が上がるようにしている為です。
けれど、オルソケラトロジーの治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)にて使用するレンズは、1人につき一組のレンズです。
円錐角膜と言う角膜に異常がある場合は、フィッティングにも問題が発生する為、これまで対応は不可能とされていました。
そこで、新しい治療方法としてオサートが登場し、角膜に応じたレンズを完全オーダーメイドで作成して、加えて、治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)も段階的に行えるようになりました。
この事により、角膜に正しくフィットするまで、レンズを何回でも作りかえる事が出来ますね。
また、治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)の段階に応じて、新たなレンズを再び作成することもできるようになりました。
つまり、1段階の治療では角膜の改善がむつかしい円錐角膜の場合にも、オサートによっては正しい角膜の状態にもっていく事が可能となったわけです。
勿論、オサートは段階的な治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を行うので、それに伴って治療時間も費用も掛かるようになるでしょう。
必ずしも、いい事ばかりの治療方法とは言えないと呼ねれています。
ただ、今までは円錐角膜で視力回復の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)が望めないようなケースでも、オサートによって治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)が出来るようになったのは確かだと言われているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加