車で送ってあげるといい?

車で送ってあげるといい?

男性が女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の友人を作る際、車を持っているというものはポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)が高いのではないでしょうか。
女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)は男性ほど、貴方の車を持っている方は多くは無いでしょう。
その為、車を持っている男性というのは、いろんな意味で重宝と呼ねれています。
車があれば簡単に荷物が運べたり、天気が悪いときの外出も容易になるし、遠出も簡単に出来ますね。
男性も、とりあえずは多?の女性と友達になりたいという場合、ご自身の車を持ち、ある意味「便利屋」になれば、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)から声がかかることも多くなるでしょう。
その中から、気の合う女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の友人も出来る事でしょう。
そして、何と言っても車があれば、デートはもちろん、会合や用事などで遅くなったときに送ってあげることができます。
夜遅くなったときに車で送ってもらえるというのは、女性にとって、非常にありがたい事です。
それがきっかけとなって友人になれる可能性もあるかもしれません。
とはいうものの、どのようなときでも車で送って良いのかと言ったら、そうではないものです。
車で送るには、それが自然だということが大事です。
たとえば、お互いの家が同じ方向にあるとか、終電に間に合わなかったとか、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)が歩いて帰るには暗い道が多いとか。
このような場合は、車で送ることを申し出れば、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)も助かるし、感謝されるのは間違いないと思います。
しかし、終電までまだまだ時間があるような場合や、女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)の家が近くに存在している場合などは、逆に誤解を招待することもありますね。
車というのは密室で、女性にとっては、ある意味用心しなければならないところでもあります。
そのため、TPO(時間、場所、場合という意味で使われています)を考えて上手に使う事が、女性の友達を作るコツといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加