外壁塗装と持ち家の売却のポイント

外壁塗装と持ち家の売却のポイント

家の外壁塗装というのは、汚くなったから行うのではなく、塗装によって家の強度を保つと言う意味合いが大きいです。定期的に外壁の塗装をすることで壁のヒビ割れなどを防ぐことができるのです。

今住んでいる家やマンションから引っ越す必要がある場合に家やマンションを売却してしまうか、賃貸にして人に貸すかで決断していかなくてはなりません。その際、キーポイントになるのが経過年数です。通常、築年数が10年超だと、建物の値打ちがほとんどなくなります。加えて、物件を買おうとしている人の大多数が十年以内の建築年数が浅い中古住宅を購入しようとしていますから、売却する時にも売却しにくくなります。土地の評価の変動とくらべても、築年数による評価額の減額の方が厳しい事がたいていですから、処分してしまうのならば早くすることがコツです。

持ち家を売りたいと考えたら、まず不動産会社に見積もりをしてもらいます。不動産業者は条件とか建築されてからの年数等を検討して売り出し価格を提案してきます。見積もり基準は不動産仲介会社ごとに異なってくるため、見積もりも差がでてきます。つまり、ひとつの会社の評価金額にて決めると相場より安く売ってしまう可能性があがります。営業力の高い業者は高めの見積り額を出してくるので、なるべく様々な会社に見積もりをしてもらって最も高い金額で売却できる所へお願いするというのがオススメです。
 

壁塗り替えの外壁塗装
家を維持するのに必要なのは税金だけでなく外壁塗装など建物の管理も大切です。持ち家を売却する際のコツもまとめています。

このエントリーをはてなブックマークに追加