ショップ情報 > パニック障害の広場恐怖

パニック障害の広場恐怖

広場恐怖は、パニック障害で発生する3種類目の症状となります。
この症状は広場をはじめとする広い空間に恐怖感を抱くということではなく、パニック発作を引き起こしたことがある人が回避したがるところがあるのです。
一番は、パニック発作があらわれたとき、すぐ逃げられないのではと思われる場所です。
地下道や、建物の中、人が大勢いる場所、車の運転時には高速道路などが挙げられます。
そのような場所は、すぐ外に出られる場所ではなく、発作を見る人も多いという不安があります。
また、運転中はすぐに逃げ出すことができませんし、高速道路だと急に止まることは危険ですから、パニック発作への恐怖が大きくなってしまうのです。
電車やバスなどの交通機関に不安感を覚える人が少なくないのは、走行中の車内でパニック発作が生じると、すぐ逃げ出すことが難しいからです。
特に、特急電車や急行電車を恐れるのは、駅から駅までの距離があるためすぐに下車することが不可能だからです。
屋外を恐れるタイプのパニック障害患者だと、発作が現れても、たくさんの人に見られてしまうリスクのない自宅を除き、どんな場所も不安があるということです。
他に、特定の場所であるときは、そこでパニック発作を起こしたことがあるという場所に恐怖が強まるようです。
パニック障害における広場恐怖症状が出ても、ある場所に恐怖心のある人は、これを回避することによって正常な毎日を過ごすことができるときもあります。
でも、広場恐怖のところが相当にある、症状が重症化している人だと、交通機関を使うことすらままならない人も珍しくなく、医師に診せるために病院まで出向くことさえ不可能になってしまいます。
誰かと一緒でなければ出かけられないという人も見受けられますから、その場合は診察に付き添う人がいなくてはなりません。
ちなみに、パニック障害に悩まされている人のうち、広場恐怖の症状が出ないときもあります。